営業職の面接でよく聞かれる質問と回答のポイントを徹底解説!面接の対策方法もご紹介

営業職の面接でよく聞かれる質問と回答のポイントを徹底解説!面接の対策方法もご紹介

営業職への転職を考えている方の中には、「面接での質問にどう答えればいいのかわからない」「面接対策の方法が知りたい」といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。
本記事では、営業職の面接で面接官が確認したいポイントや、よく聞かれる質問とその回答例、面接対策の方法などを詳しく解説します。面接の流れや注意点も押さえておくことで、自信を持って面接に臨むことができるでしょう。


営業職の面接突破を目指す方は、ぜひ本記事を参考にして、入念な準備を進めてください。自身の強みや経験を最大限アピールできるよう、練習を積んで本番に臨みましょう。


目次[非表示]

  1. 1.営業職の面接で面接官が確認したいこと
    1. 1.1.営業スキルと再現性
    2. 1.2.長期で勤めてもらえるのか
    3. 1.3.論理的思考力
    4. 1.4.コミュニケーション力
    5. 1.5.自社の営業スタイルへの理解
  2. 2.営業職の面接の流れ
    1. 2.1.面接官の自己紹介と面接の目的説明
    2. 2.2.候補者の自己紹介
    3. 2.3.経歴や職務経験に関する質問
    4. 2.4.営業スキルや適性に関する質問
    5. 2.5.志望動機や入社後のビジョンに関する質問
    6. 2.6.候補者からの質問
    7. 2.7.面接終了の挨拶
  3. 3.営業職の面接でよく聞かれる質問と回答のポイント
    1. 3.1.自己紹介に関する質問
    2. 3.2.転職理由に関する質問
    3. 3.3.志望動機に関する質問
    4. 3.4.自己PRに関する質問
    5. 3.5.強みと弱みに関する質問
    6. 3.6.今後のキャリアプランに関する質問
    7. 3.7.苦労したことや頑張ったことに関する質問
    8. 3.8.逆質問
  4. 4.面接に向けて行うべき対策
    1. 4.1.自己分析
    2. 4.2.面接で回答する内容を文章にする
    3. 4.3.模擬面接を行う
  5. 5.営業職の面接での注意点
    1. 5.1.面接官の質問の意図を考える
    2. 5.2.結論ファーストで話す
    3. 5.3.身だしなみをチェックする
    4. 5.4.【オンライン面接の場合】事前に接続確認を行う
    5. 5.5.【オフライン面接の場合】10分前には会場に到着する
  6. 6.まとめ


転職相談を申し込む


営業職の面接で面接官が確認したいこと

オンライン面接する女性

営業職の面接では、面接官は候補者が営業として成果を出せるかどうかを見極めるために、さまざまな観点から質問をします。

特に重視されるのは、以下の点です。

面接官は上記の点を総合的に評価し、優秀な営業人材を見つけ出そうとしているのです。


営業スキルと再現性

面接官は、候補者がこれまでの経験で身につけたスキルと、その再現性を確認したいと考えています。

具体的には、顧客のニーズを引き出すヒアリング力、課題を特定し解決策を提案する提案力、商談を成約に導くクロージング力などが挙げられます。これらのスキルを持ち合わせ、さまざまな状況下で発揮できる人材が求められているのです。


長期で勤めてもらえるのか

営業職は顧客との信頼関係を築き、長期的な取引につなげることが重要です。そのため、面接官は候補者が長期的な視点を持ち、腰を据えて働く意欲があるかどうかを見極めようとします。

転職理由や志望動機、今後のキャリアプランなどを通して、候補者の仕事に対する姿勢を確認するのです。


論理的思考力

営業職は顧客の課題を正確に把握し、最適なソリューションを提案する必要があります。そのため、面接官は候補者の論理的思考力を重視します。

複雑な問題に対して情報を整理・分析し、筋道立てて説明できるスキルが必要です。また、顧客との商談においても、論理的に説得できる能力が求められます。


コミュニケーション力

営業職は、社内外のさまざまな人とコミュニケーションを取る機会が多い職種です。面接官は、候補者が円滑にコミュニケーションを取れるかどうかを確認します。

顧客との信頼関係を築くためのコミュニケーション力、社内の他部署と連携するためのコミュニケーション力など、さまざまな場面で発揮できる能力が求められます。


自社の営業スタイルへの理解

面接官は、候補者が自社の営業スタイルを理解し、適応できるかどうかを見極めようとします。自社の商品・サービスの特徴や、顧客のニーズ、営業プロセスなどを踏まえた上で、どのようにアプローチしていくのかを確認するのです。
自社の営業スタイルにマッチした人材を採用することで、早期戦力化を図れます。


営業職の面接の流れ

面接をしているビジネスマン

営業職の面接は、一般的に以下のような流れで進められます。


面接官の自己紹介と面接の目的説明

面接官から簡単な自己紹介があり、面接の目的や流れについて説明があります。リラックスして臨める雰囲気づくりも兼ねているので、落ち着いて対応しましょう。


候補者の自己紹介

予め準備した自己紹介を行います。簡潔にポイントを押さえつつ、自身の強みや営業スキルをアピールすることが重要です。


経歴や職務経験に関する質問

これまでの経歴や職務経験について、詳しく聞かれます。特に営業職としての実績や成果、顧客との関係構築などについて掘り下げた質問が予想されます。具体的なエピソードを交えて、分かりやすく説明しましょう。


営業スキルや適性に関する質問

ヒアリング力、提案力、クロージング力など、営業に必要なスキルについて質問がされます。また、ストレス耐性や目標達成へのコミットメントなど、営業職としての適性を見極められます。自身の強みを具体例とともに説明できるよう、準備しておくことが大切です。


志望動機や入社後のビジョンに関する質問

なぜ当社を志望したのか、入社後にどのように活躍していきたいのかなど、候補者の意欲や将来のビジョンを確認する質問が行われます。企業研究を充分に行い、自身のキャリアプランと企業の方向性を紐付けて説明できるようにしましょう。


候補者からの質問

面接の最後に、候補者から質問する機会が与えられます。事前に企業や仕事内容について疑問点をリストアップしておき、積極的に質問することで、自身の仕事への意欲をアピールしましょう。


面接終了の挨拶

面接官からの締めの挨拶とともに、面接は終了します。最後まで礼儀正しい態度を心がけ、好印象を残すことが重要です。


転職相談を申し込む


営業職の面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

ポイントをチェックする人

営業職の面接では、候補者の営業スキルや経験、適性などを多角的に評価するために、さまざまな質問が投げかけられます。

よく聞かれる質問とその回答のポイントを押さえておくことで、自信を持って面接に臨むことができるでしょう。


自己紹介に関する質問

面接官は、自己紹介を通して候補者の人となりや強みを把握しようとします。簡潔にポイントを押さえつつ、これまでの営業経験での成果や、今後のキャリアビジョンを織り交ぜて話すことが重要です。具体的なエピソードを交えながら、自身の強みをアピールしましょう。
例えば、「前職では新商品の提案により前年比120%の受注数を達成し、社内表彰を受けました。今後はプレイヤーとしてだけではなく、マネジメントにも挑戦していきたいです」といった形で、実績と将来の展望を伝えましょう。


転職理由に関する質問

転職理由を尋ねられた際はネガティブな表現は避け、前向きな言い回しを心がけましょう。前職で感じた限界や課題を、新しい環境でチャレンジしたい点に置き換えて説明します。
また、給与面など待遇の話は客観的な事実を伝えつつも、あまり強調しすぎないよう注意が必要です。


例えば、「前職では新しい施策の実行に時間がかかり、スピード感を持って課題解決に取り組める環境を求めています」「成果に見合った評価制度のある企業で、今後も挑戦を続けていきたいです」といった言い方で、前職の経験を踏まえた上での志望動機につなげていくとよいでしょう。


志望動機に関する質問

志望動機を聞かれた際は、企業研究を十分に行った上で、自身の言葉で魅力を伝えることが重要です。志望企業の事業領域の広さや、経営理念への共感点などを具体的に述べましょう。
また、自身のスキルや経験が、志望企業の業務にどう活かせるかを説明することで、意欲をアピールできます。


例えば、「御社の海外事業の拡大に伴い、自身の経験や知識が活かせると感じました。事業の成長とともに、営業だけでなく商品開発の一翼も担っていきたいです」といった形で、企業の将来性と自身のキャリアビジョンを重ね合わせて話すとよいでしょう。


自己PRに関する質問

自己PRでは、自身の強みや独自性をアピールすることが重要です。具体的な経験やエピソードを交えながら、何をどのように行い、どんな成果を上げたのかを明確に伝えましょう。その際、面接先の業務内容に合わせたPRができると、より効果的です。


例えば、「前職では休眠顧客への電話アプローチを1日60件行い、来店客数の増加につなげました。月600万だった売上を900万まで伸ばすことができました」といった形で、行動と結果を数字で示すことで、説得力のあるPRになります。


強みと弱みに関する質問

強みを聞かれた際は具体例を示しながら、その強みを面接先でどう活かせるかを伝えることが大切です。一方、弱みについては、それをどう克服してきたか、あるいは今後どう改善していきたいかを前向きに話すことがポイントです。


例えば、「お客様のニーズを引き出すヒアリング力が強みです。前職では販売商品の前提にとらわれず、潜在ニーズを発見することで提案がスムーズに受け入れられました。御社の商品をカスタマイズする際にも、この強みを活かせると考えています」といった言い方で、強みを業務に結びつけて説明できるとよいでしょう。


今後のキャリアプランに関する質問

キャリアプランを尋ねられた際は、成長意欲をアピールすることが重要です。具体的な目標を示した上で、それを実現するための行動についても触れておくとよいでしょう。


例えば、「3年後は営業部門でトップの成績を残し、5年後はマネージャーとして後輩の指導や売上拡大を図りたいです」「目標達成のために、同業者との交流会や勉強会に参加し、リーダーとしての人徳を磨いていきます」といった形で、ビジョンと具体的なアクションを関連づけて話すことができます。


苦労したことや頑張ったことに関する質問

苦労話や頑張ったエピソードを聞かれた際は、単なる失敗談ではなく、そこから何を学び、どのように乗り越えてきたかを伝えることが大切です。課題解決のプロセスを説明することで、逆境に負けない強さをアピールしましょう。


例えば、「新メンバーのマネジメントに苦労しましたが、仕事の進め方を論理的に説明し、相手の立場に立ってアドバイスすることを心がけました」といった言い方で、困難な状況をどのように改善したかを話しましょう。


逆質問

面接の最後に質問の機会が与えられた際は、企業研究を踏まえた上で、積極的に質問をしましょう。会社の将来性や求められる人材像など、前向きな質問を投げかけることで、仕事への意欲をアピールできます。


例えば、「御社の中長期的なビジョンについて教えていただけますか?」「営業職として、どのようなスキルや経験が特に重視されていますか?」といった質問は、企業の方向性や期待する人材像を知る上で有効です。
また、「入社後の研修制度について詳しく知りたいです」のように、自身のスキルアップに関する質問を投げかけるのもおすすめです。
逆質問は受け身の姿勢ではなく、能動的に情報を求める姿勢を示すことができる貴重な機会です。質問内容を吟味し、企業との対話を通じて自身のキャリアビジョンとのマッチングを確認しましょう。

▼面接での逆質問の作り方については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

面接で差をつけるための効果的な逆質問


面接に向けて行うべき対策

データをもとに対策をしている人

営業職の面接で成功するには、事前の入念な準備が欠かせません。自己分析を行い、自身の強みや経験をアピールできるよう整理しておくことが重要です。

また、予想される質問に対する回答を文章化し、模擬面接で練習することで、本番での自信につなげることができるでしょう。


自己分析

面接で自己PRをする際、説得力を持って自身の強みを伝えるためには、自己分析が不可欠です。これまでの経験を振り返り、どんな場面で力を発揮してきたのか、具体的なエピソードを洗い出しましょう。
また、自身の価値観や人物像についても整理しておくことで、志望動機や将来のビジョンを明確に語ることができます。
自己分析の方法としては、SWOT分析やライフラインチャートなどのフレームワークを活用するのがおすすめです。客観的な視点から自己理解を深めることで、面接官に伝えるべきポイントが明確になります。

SQiL Career Agentは、自己分析や今までのスキルの棚卸や言語化も時間をかけて行っています。
キャリアアドバイザーと自己分析をしたい方は、こちらからSQiL Career Agentにご相談ください。


▼実際にSQiL Career Agentで過去の経験やスキルの言語化を行い、成約された求職者様のインタビュー記事はこちら
成果要因の言語化で転職成功。約4ヶ月にわたり密度の濃い面談を重ね、心から納得のいく転職を実現。


面接で回答する内容を文章にする

面接では、限られた時間の中で自身の魅力を余すことなく伝える必要があります。そのためには、事前に回答内容を文章化しておくことが大切です。予想される質問に対して、簡潔かつ的確に答えられるよう、言いたいことを整理しましょう。
文章化する際は、STAR法を意識すると良いでしょう。Situation(状況)、Task(課題)、Action(行動)、Result(結果)の流れで、具体的なエピソードを交えながら説明することで、説得力のある回答になります。また、数字を使って定量的に成果を示すことも効果的です。
ただし、文章をそのまま暗記するのではなく、話の流れをつかんだ上で臨機応変に対応できるようにしておくことが重要です。柔軟性を持って、面接官との対話を楽しむくらいの余裕を持つことが理想的でしょう。


模擬面接を行う

面接本番での緊張を和らげ、自信を持って臨むためには、模擬面接が有効です。家族や友人、あるいは転職エージェントなどに協力してもらい、実際の面接と同じ環境を再現してみましょう。
質問に答える際の態度や言葉遣い、表情などをチェックしてもらうことで、より洗練された受け答えができるようになります。


模擬面接では、自身の回答を録音・録画して振り返ることもおすすめです。客観的に自分の受け答えを評価することで、改善点に気づけます。また、予想外の質問をされた際の対応力を養うためにも、さまざまなパターンの質問に答える練習が必要です。
繰り返し模擬面接を行うことで自然と自信がつき、本番での立ち振る舞いも向上するはずです。準備を怠らず、実戦さながらの練習を積むことが面接突破の鍵となるでしょう。

SQiL Career Agentは、営業職に特化した転職エージェントで、1,200社以上の豊富な営業支援実績から、営業スキルに関するデータや知見を持っています。企業の営業組織や採用要件の理解度も高く、高い選考通過率を実現しています。
営業職についてくわしく聞きたい方は、こちらからSQiL Career Agentにご相談ください。

転職相談を申し込む


営業職の面接での注意点

PCで作業する人

営業職の面接で好印象を与えるためには、細かな点にも気を配る必要があります。面接官の質問の意図を汲み取り、結論から先に伝えるなど、コミュニケーションの取り方にも工夫が求められます。また身だしなみや時間管理など、基本的なマナーを疎かにしないことも大切です。


面接官の質問の意図を考える

面接官の質問には、必ず意図があります。単に事実を確認するためだけでなく、候補者の資質や適性を見極めようとしているのです。質問の背景にある意図を読み取り、求められている情報を的確に提供することが重要です。


例えば、「営業で大切にしていることは何ですか?」という質問であれば、営業職としての心構えや、顧客との関係構築に対する姿勢を問われていると考えられます。表面的な回答ではなく、自身の経験や価値観に基づいた答えを返すことで、面接官の期待に応えられるでしょう。


結論ファーストで話す

面接では限られた時間の中で、自身の魅力を最大限にアピールする必要があります。そのためには、結論から先に伝えることが有効です。面接官の関心を引き付け、印象に残るようなポイントを冒頭で述べましょう


例えば、「あなたの強みは何ですか?」という質問に対して、「私の強みは粘り強さです。前職では、休眠顧客への地道な営業活動を続けた結果、売上を30%伸ばすことができました」のように、結論と具体例を組み合わせて説明することで、説得力のある回答になります。


身だしなみをチェックする

面接では、第一印象が大きな影響を与えます。身だしなみに気を配り、清潔感のある装いで臨むことが大切です。スーツやシャツのシワ、髪型や爪の手入れなど、細部までしっかりとチェックしましょう。
営業職は顧客との対面での商談も多いため、身だしなみの良さは仕事への姿勢の表れとしてとらえられます。面接官に好印象を与えるためにも、身なりには十分に気を配る必要があります。


【オンライン面接の場合】事前に接続確認を行う

オンライン面接の場合、通信環境のトラブルが発生するリスクがあります。面接直前で慌てることのないよう事前に接続テストを行い、問題なく面接に臨めるか確認しておきましょう。
また、面接に適した静かな環境を整えることも重要です。背景や照明にも気を配り、面接官に対して失礼のないよう配慮することが求められます。オンライン面接ならではの注意点を押さえておくことで、スムーズに自己アピールができるはずです。

▼オンライン面接の注意点について、こちらの記事に詳しく記載をしています。

【徹底解説】オンライン面接の極意


【オフライン面接の場合】10分前には会場に到着する

オフラインの面接では、遅刻は絶対に避けなければなりません。道に迷うなどのトラブルを想定し、余裕を持って会場に向かいましょう。10分前には到着し、心を落ち着けてから面接に臨むことが理想的です。
会場では面接官だけでなく受付の方をはじめ、出会う全ての人に丁寧に接することが大切です。面接はあいさつから始まっていると意識し、細やかな心配りを忘れないようにしましょう。


まとめ

営業職の面接では、営業スキルや適性、コミュニケーション力などが重視されます。面接の流れを理解し、よく聞かれる質問と回答のポイントを押さえておくことが大切です。自己分析や模擬面接など、事前の入念な準備も欠かせません。
面接では、面接官の質問の意図を汲み取り、結論から要点を伝えるなど、コミュニケーションの工夫が求められます。身だしなみや時間管理などの基本的なマナーにも気を配りましょう。オンライン面接の場合は接続確認を、オフライン面接では早めの到着を心がけることも重要です。
自身の強みや経験を最大限アピールできるよう、練習を積んで臨むことが面接突破のカギとなります。企業研究を踏まえた上で、仕事への意欲を示す姿勢も忘れずに。しっかりと準備し、自信を持って面接に臨みましょう。


SQiL Career Agentは営業職に特化した転職エージェントとして、面接対策のサポートも充実しています。
各企業の営業組織や採用要件を熟知しているため、今までの経験やスキルを生かした企業への転職を支援します。
まずは、あなたの営業スキルを無料で確認してみませんか?
営業スキルを無料で診断する

SQiL Career Agent編集部
SQiL Career Agent編集部
営業職転職に特化した人材紹介サービス「SQiL Career Agent」の記事編集チームです。 ▼公式LINE:https://x.gd/QbfaB

営業職のキャリア・転職でお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

カテゴリ

人気記事ランキング

営業スキル診断