【転職失敗】スタートアップは辛い?スタートアップで働く魅力とリスクを徹底解説!

【転職失敗】スタートアップは辛い?スタートアップで働く魅力とリスクを徹底解説!

スタートアップ企業への転職を検討している場合、スタートアップ転職のメリットやデメリットを詳細に理解していないと転職後のミスマッチに悩まされるでしょう。本記事では、スタートアップ企業に転職する魅力やリスク、向いている人の特徴を解説します。


目次[非表示]

  1. 1.スタートアップ企業とは
    1. 1.1.スタートアップ4つの成長ステージ
      1. 1.1.1.シードステージ
      2. 1.1.2.アーリーステージ
      3. 1.1.3.ミドルステージ
      4. 1.1.4.レイターステージ
  2. 2.スタートアップ企業に転職する魅力
    1. 2.1.若いうちに裁量権を持って働ける
    2. 2.2.成長スピードが速い
    3. 2.3.経営陣と距離近く働ける
    4. 2.4.仕組みづくりに関われる
    5. 2.5.働き方が自由
    6. 2.6.ストックオプション制度がある
  3. 3.スタートアップ企業に転職するリスクとデメリット
    1. 3.1.基本的にハードワーク
    2. 3.2.経営状況が不安定
    3. 3.3.年収が下がる
    4. 3.4.福利厚生が充実していない
  4. 4.スタートアップ企業が向いている人の特徴
    1. 4.1.当事者意識がある
    2. 4.2.予測不可能な未来を楽しめる
    3. 4.3.成長意欲が高い
    4. 4.4.主体的で、自ら考えて仕事を創り出せる
    5. 4.5.自分だけでスタートアップ企業を探すのは困難
  5. 5.スタートアップ企業に転職を考えているならSQiL Career Agentに登録しよう


転職相談を申し込む


スタートアップ企業とは

スタートアップ企業とは、新たな市場に挑戦したり、未開拓のニーズを満たすような革新的な製品やサービスを開発して市場に参入しようとする、創業間もない企業のことです。技術革新や独自のビジネスモデルを通じて業界に新しい潮流を作り出し、事業を拡大していく段階にあります。これらの企業は発展途上であり、劇的な成長を遂げる可能性を秘めています。

また、スタートアップ企業の中には、自社製品・サービスの市場での成功を目指すだけでなく、将来的には大手企業による買収をビジネス戦略の一環としているケースも存在します。このように、技術やビジネスモデルが特定の業界大手や市場リーダーに評価され、買収を通じて資本やリソースを獲得することを目標とする場合もあります。

スタートアップ企業に転職を考えている方は、単に企業の成長段階や業界の革新性だけを見るのではなく、その企業が持つ長期的なビジョンや目標、経営戦略についても深く理解することが重要です。
そのスタートアップが市場での独立性を維持しながら成長を目指すのか、あるいは買収を視野に入れた戦略を進めているのかは、働く上で大きな違いとなります。転職先の企業文化や価値観が自身のキャリアプランや目標と合致しているかを見極めることで、より充実したキャリアを送れるでしょう。


スタートアップ企業とベンチャー企業は、一見似た特徴を持ちますが、実際にはビジネス戦略や目標において大きな違いが存在します。スタートアップは、業界に新しい概念を導入するか、画期的な技術やサービスをもって市場に参入することを使命として設立されます。これに対してベンチャー企業は、すでに確立されたビジネスモデルに基づき、革新よりも事業の安定した成長を目指すことが多いです。(別の解釈として、ベンチャー企業の中でもより革新的な技術やサービスを市場に提供しようとしている会社をスタートアップ企業と呼ぶ場合もあります)

具体的には、スタートアップ企業は、ブロックチェーン技術、人工知能、再生可能エネルギーなど、未探索の分野で独自のソリューションを開発し、これまでにない価値を創造することを目指します。ベンチャー企業では、たとえば、より効率的なオンラインプラットフォームを運営したり、顧客サービスを改善するためのソフトウェアを開発するなど、既にある市場のニーズに応える形で事業を推進します。

またベンチャー企業は、長期的に企業価値を高め、組織の基盤を固めることに重点を置く傾向があります。これは、スタートアップが爆発的な成長を遂げることを目指し、初期段階から資金調達、急速な市場拡大、そして最終的には上場(IPO)や他社による買収(M&A)を視野に入れていることと対照的です。

スタートアップ企業とベンチャー企業の間には、企業の成長速度や革新性の度合いなど、明確な差異が存在します。スタートアップ企業は、変化の激しい環境や予測不可能な挑戦を受け入れ、それを楽しむことができる柔軟性と積極性を持った人材を必要としています。


スタートアップ4つの成長ステージ

スタートアップ企業は、主に4段階の成長フェーズに分かれます。それぞれのフェーズは以下の通りです。


シードステージ

初期段階では、起業家や創業者たちは事業を立ち上げるための基本的な計画を練っています。新しいサービスや製品に関する明確なビジョンやアイディアはありますが、まだ実現段階には至っていない状態です。この時点では、市場調査を行い、ターゲット顧客を特定し、製品やサービスを市場に投入するための事業計画やプロトタイプ開発を進めているところです。資金調達に向けてビジネスプランを磨き上げたり、投資家にプレゼンテーションを行うなど、具体的なビジネスモデルを形作るための活動が行われます。


アーリーステージ

このフェーズでは、サービスやプロダクトの市場適合性を見極め、最初の収益を生み出しはじめます。具体的には、初期の顧客基盤を確立し、最初の売上を記録することで、事業モデルが実行可能であることを証明します。この時期に、企業は積極的に組織を拡充し、必要なスキルを持った従業員の採用を行います。また、生産性を高めたり、サービスの質を向上させるために、重要な設備やソフトウェアへの投資を進めることが多いです。

さらに、市場の反応や顧客のフィードバックを基にビジネスモデルを洗練させ、より効率的かつ効果的なプロダクトに向けて改善を加えていきます。これは、より多くの市場シェアを獲得し、収益を増やすための戦略的なステップです。マーケティング活動の強化、販売チャネルの拡大、顧客エンゲージメントの改善など、ビジネスをスケールアップさせるための積極的な取り組みが特徴的です。事業の方向性を確立し、持続可能な成長軌道に乗せるための重要な転換点となります。


ミドルステージ

ミドルステージでは、スタートアップ企業は安定した成長を遂げ、市場内での地位を確固たるものにしています。売上が増加し、企業の財務状況が改善することにより、黒字経営を実現することを主な目標とします。具体的には、製品ラインの拡充やサービスの改良、新たな市場への進出、研究開発部門への追加投資を行うことがあります。

人材面では、さらに高度な専門知識を持つ従業員の採用や、既存のチームメンバーのスキルアップトレーニングに投資し、組織力向上を図ります。また、オフィスの拡張や生産設備のアップグレード、効率的な在庫管理システムの導入など、組織のインフラストラクチャーの強化にも資金を充てます。

この時期のスタートアップ企業は、市場における競争力を高めるため、マーケティング活動の強化やブランド認知度の向上、顧客満足度の改善にも重点を置きます。また、戦略的パートナーシップや提携を通じて事業の幅を広げ、経営基盤の安定化を目指す動きも見られます。ミドル期は、企業が長期的な成功に向けて基盤を固め、将来にわたる持続可能な成長を目指すための戦略的な投資が行われる重要な時期です。


レイターステージ

このフェーズでは、スタートアップ企業は市場でのポジションをしっかりと確立し、安定した収益を生み出すまでに成長しています。レイターステージの企業は、現在のビジネスの成功に満足することなく、次の成長段階へと進むための戦略を練ります。具体的な活動としては、国内外に新たな支社や営業拠点を設立することにより地理的な拡大を図ったり、関連する市場セグメントや新しい市場に進出するための新規事業部を立ち上げたりします。

さらに、事業の多角化や競争優位をさらに強化するため、技術・開発に投資することで製品やサービスのイノベーションを追求します。特許を取得する企業も出てきます。

企業の成長戦略として、上場(IPO)を目指すことで資本市場からの資金調達を行ったり、業界内での合併や買収(M&A)を通じて事業規模を拡大したりすることも一般的です。これらの手段は、企業価値を高め、株主に対するリターンを提供し、さらなる成長のための資金を確保する方法です。

レイターステージのスタートアップ企業は、安定した運営を維持しつつも、持続的な成長と進化を目指すために、新たな挑戦と革新的な取り組みを行うことが多いでしょう。


転職相談を申し込む


スタートアップ企業に転職する魅力

スタートアップ企業に転職する魅力はどのようなものがあるでしょうか。
もちろん企業によって色はありますが、ここでは一般的なものを解説します。


若いうちに裁量権を持って働ける

スタートアップ企業では、従業員数が限られているため、各個人に与えられる責任範囲が広く、多岐にわたる業務を担当することが一般的です。具体的には、マーケティング、営業、顧客サポートなど、異なる部門の仕事を同時に経験する機会があります。これにより、多様なスキルセットを習得し、キャリアの幅を広げることができます。このような環境は、様々な業務に挑戦し、多方面の知識と経験を積みたいと考える人に適しています。

また、自身のアイデアや戦略が直接的にビジネスの成果に結びつくため、自分の貢献が明確に実感できるのもスタートアップならではの魅力です。自身の仕事が会社の成長にどのように影響しているかを目にすることで、大きな達成感ややりがいを感じることができます。

上記の観点から、起業家精神を持つ人や、将来的に自分のビジネスを立ち上げたいと考える人にとっては、経営に必要な実務知識を現場で学ぶ絶好の機会となります。また、年齢や職級に関係なくビジネスのさまざまな側面に関わりたいと望む人にも、スタートアップは理想的な職場と言えるでしょう。

さらに、スタートアップ企業での成功体験は、将来にわたって個人のキャリアにおいて大きなアセットとなります。事業が成功した際には、その基盤を築いた一員として、会社内での評価が高まり、昇進や特別な報酬、肩書きの向上など、さまざまな形での優遇を受けることが期待できます。


成長スピードが速い

スタートアップ企業は設立後の数年間、財務上赤字になることが一般的ですが、その後は短い期間で顕著な事業拡大を遂げる傾向にあります。初期の赤字が発生する主な理由は、企業が市場のニーズに対応するための問題点を特定し、それらを解決するための斬新な製品・サービスの研究開発に集中するためです。この過程で、投資家からの資金を活用し、競合製品が存在しない独自の価値を創出することに力を注ぎます。

たとえ初期段階では赤字が見込まれる状況であっても、画期的なビジネスモデルで製品・サービスが市場で受け入れられると、競合が少ない、あるいは全くいない状況の中で急速に市場シェアを拡大するチャンスを得ます。消費者の要望にぴったり合う独自の価値を提供できた場合、その市場において強力な地位を築き、事実上の独占状態を実現することが可能になるのです。


経営陣と距離近く働ける

スタートアップ企業で働く最大のメリットの一つは、経営陣と密にコミュニケーションをとれることです。特に、創業者やCEOとの距離が近く、日常的に直接会話する機会が多いため、経営の核心に迫るリアルタイムな意思決定プロセスや戦略立案の場面を間近で体験できます。これは、将来的にCXOクラス(最高経営責任者等の役員職)を目指す人や、実際の経営戦略を深く理解したいと考える人にとって、理想的な環境といえるでしょう。

一方、大規模な企業では、昇進には多くの階層を順番に上がっていく必要があり、上位の経営職に就くためには長い年月と様々な職位を経験することが一般的です。しかし、スタートアップでは、個人のパフォーマンスや貢献度に応じて迅速に役員職への昇格が可能な場合もあります。実績と能力が評価されれば、早い段階で経営陣としての重要な役割を担うチャンスが得られる可能性があり、キャリアアップの道が大手企業と比較してスピーディーかつ柔軟です。


仕組みづくりに関われる

スタートアップ企業においては、入社するタイミングで会社組織がまだ確立されておらず、事業計画や運営方法が確立していないことが珍しくありません。多くの場合、社内の様々なシステムやプロセスがこれから整備される段階にあり、新しいアイデアの導入や改善の余地が求められています。過去の経験や専門知識を活かして、組織や事業が成長していく過程に直接影響を与えることができます

また、自社の製品やサービスに関連する業務フローや作業プロセスを、一から策定し、実際に形にしていく機会があります。これは、既存の枠組みにとらわれず、創造性を発揮しながら、自分自身の手で会社の基盤を築き上げるという、スタートアップならではの経験と言えるでしょう。このプロセスを通じて、自分の能力が組織全体にどのような影響を与えるかを肌で感じられ、大きなやりがいとプロフェッショナルとしての成長を実感できます。


働き方が自由

多くのスタートアップ企業では、柔軟な働き方を支援するために、リモートワークやフレックスタイム制度を導入しています。これにより、従業員は自宅やコワーキングスペースなど、オフィス以外の場所から仕事ができ、個人の生活スタイルや生産性を最大化するために勤務時間を自由に調整することも可能です。

具体的には、地方に住む従業員がフルタイムでリモートワークを行えたり、育児や介護などの個人的な事情を考慮して時短勤務を選択することが可能です。このような勤務形態は、従業員のワークライフバランスを重視し、多様な生活状況や働き方を受け入れるスタートアップ文化特有の柔軟性です。

また、スタートアップ企業の中には、完全な成果主義を採用しており、働いた時間ではなく、達成した成果に基づいて評価を行うところもあります。そのため、自己管理能力が高く、成果を出すことに自信のある人にとっては、非常に働きやすい環境といえるでしょう。

このように働き方の自由度が高いと、家庭や趣味、副業など、仕事以外の活動にも時間を割くことができるため、多くの人にとって大きな魅力となっています。また、地理的な制約に縛られずに働くことができるため、様々な地域の才能が集まりやすく、企業の多様性とイノベーションを促進する効果も期待できます。


ストックオプション制度がある

スタートアップ企業の中には、従業員のモチベーション向上と長期的なコミットメントを促すために、報酬体系の一部としてストックオプションを提供することがあります。ストックオプションとは、従業員に対して、事前に定められた価格(行使価格)で将来的に会社の株式を購入する権利を付与する制度です。この行使価格は、オプションが付与された時点での株価や内部評価に基づいて決定されることが多いです。

具体的なメリットとしては、従業員がストックオプションを行使して株式を取得した後、会社の事業が成功して株価が上昇した場合、購入した株式を市場価格で売却することにより、行使価格と売却価格の差額分の利益(キャピタルゲイン)を得るチャンスがあります。

ストックオプションにより、従業員は自身の努力が会社の成長と直接的に結びついていることを実感できます。また、会社側としては、優秀な人材を確保し、長く勤務してくれることを期待できるため、双方にとって利益をもたらす制度となります。ただし、株価が下落するリスクもあるので注意しましょう。また、ストックオプション制度にはいくつか種類があり、例えば退職時に失効するものもあります。ストックオプション制度の有無や具体的な内容については、入社前によく確認してください。


スタートアップ企業に転職するリスクとデメリット

ここまでスタートアップ企業で働く魅力について説明しましたが、一方でリスクやデメリットも存在します。


基本的にハードワーク

前述の通り、スタートアップ企業は通常、多岐にわたる業務に携わる機会が豊富にあります。これにより、大企業では体験できないような多様なスキルセットを身につけたり、様々なビジネスの局面を直接経験することが可能になります。

しかし、従業員数が限られているスタートアップでは、各個人に与えられる責任が大きく、それに伴い複数のプロジェクトやタスクを同時に管理することが一般的です。その結果、長時間労働が必要とされることが多く、時には家に持ち帰って作業を続けなければならない状況も生じるかもしれません。これは、プライベートの重視度によっては、過剰なストレスと感じる可能性があります。

スタートアップでの仕事は多くの場合、高いやりがいが伴いますが、その反面で厳しい労働条件が常態化していることも事実です。プロジェクトの締め切りやビジネスの要求に応えるためには、残業や休日出勤が求められることも珍しくありません。したがって、仕事と私生活のバランスに重きを置く人にとっては、スタートアップでの勤務はストレスの原因となることが考えられます。スタートアップで働く際は、このようなハードワークが前提であることを十分に理解し、自身のライフスタイルと照らし合わせて検討することが重要です。


経営状況が不安定

スタートアップが目標を達成できない場合、その結果として事業の撤退、サービスの大幅な変更、さらには最悪のシナリオとして会社の倒産というリスクが存在します。複数の事業を展開している大企業や、複数の子会社を持つ企業であれば、不振なプロジェクトから他の部門への異動が可能な場合がありますが、スタートアップではそのような選択肢が限られていることが一般的です。

具体的には、スタートアップが提供する製品やサービスが市場に受け入れられず、プロダクトマーケットフィット(PMF)を達成できなかったり、必要な資金を集める次のラウンドの資金調達に失敗したりすると、事業の存続自体が危うくなります。これらは、新しい価値を創出したり、新たに市場を開拓する際に直面する高いハードルです。

万が一、これらの困難に直面した場合、従業員は退職を余儀なくされる可能性もあります。このような不確実性は、スタートアップ特有の大きなリスクと捉えられます。

スタートアップへの転職を検討する際は、このようなリスクを理解し、慎重に考える必要があります。転職を検討している企業の資金調達の履歴、その企業の製品やサービスがターゲットとする市場の成長見込み、そして競合他社との差別化ポイントなどをしっかりと分析することが重要です。これらの要素を総合的に評価することで、転職先としてのスタートアップの将来性をより正確に把握できます。


年収が下がる

成長過程にあるスタートアップにおいては、あなたの職務経験やスキルを考慮した上で給与が提示されるものの、既存の中堅企業や大企業と比較した場合、提示される給与の額が低めに設定されていることがしばしばあります。これは、スタートアップの財務的な制約や、利益再投資の優先度が高いためです。

一方で、特に技術やビジネス分野での専門性が高い人材を確保したい場合、スタートアップが市場平均を上回る給与を提供することもあります。しかしながら、大企業で管理職や高位の役職に就いていた人がスタートアップに転職する際には、年収が減少する可能性もあります。

短期的には収入の減少が不利益と映るかもしれませんが、スタートアップのビジネスが拡大し、企業価値が高まった際には、当初の給与を超える収入やストックオプションなどの報酬を得る機会があり得ます。また、会社が上場(IPO)や企業買収(M&A)などのEXIT(エグジット)戦略を成功させた場合には、さらに大きな金銭的リターンが期待できることもあります

スタートアップへの転職を検討する際には、即時的な給与や福利厚生のみを追求するよりも、自身のライフプランや長期的なキャリアビジョンに照らし合わせて判断することが肝要です。成長機会や企業文化、仕事内容、価値観などを総合的に考慮し、将来的なポテンシャルの観点から転職の選択をすることが推奨されます。


福利厚生が充実していない

比較的規模の大きい企業に対し、スタートアップの福利厚生は一般的に見劣りすることが多いです。成長課程のスタートアップでは、財務リソースや優先順位から、従業員向けの制度が完全には整備されていないことがあります。

例えば、住宅手当や家賃補助、資格取得支援などの典型的な福利厚生プログラムは、スタートアップでは提供されていないか、あるいは提供の範囲が限定的であることが予想されます。そのため、これらの福利厚生を重視する場合には、スタートアップに転職する際には慎重な判断が求められます。

一方で、スタートアップでは通常の昇進や昇給が比較的スピーディに行われる傾向にあり、企業が成長して上場(IPO)を果たした場合、ストックオプションを通じて大きな金銭的リターンを期待できる可能性があります。しかし、企業が拡大するまでの間、福利厚生が充実していないという前提で考えるべきです。

実際、スタートアップでは企業の成長に伴って、従業員が福利厚生制度の拡充に直接関わることもありえます。これは、企業文化の形成や従業員満足度向上に貢献する機会ともなり得るでしょう。

また、事業が安定期に入り、上場を視野に入れるような段階に達したスタートアップでは、福利厚生が徐々に充実してくることもあります。その時点で、より従業員に優しい環境が整備されはじめることが期待されます。


転職相談を申し込む


スタートアップ企業が向いている人の特徴


当事者意識がある

スタートアップでは、従業員一人ひとりが事業の成果や組織の進歩を自らの責任として受け止め、強い責任感を持って行動することが重要です。具体的には、利益を生み出し続ける戦略を立て、サービスが市場に適合し消費者のニーズを満たすよう努力することが必須です。もしこれらの目標が達成できない場合、企業は撤退を余儀なくされ、最悪の場合は倒産に追い込まれるリスクが実際に存在します。

スタートアップが短期間で目覚ましい成長を遂げるためには、従業員全員が一丸となり、自分事として企業の目標達成にコミットする強い決意が求められます。また、スタートアップでは従業員数が少ないため、自分の専門分野を超えた業務を担当することが頻繁にあります。専門外の業務であっても、それを拒否することなく、積極的にチャレンジする姿勢が必要です。
業務の範囲が広がり、多様なスキルを身につけたり、豊富な実務経験を積む機会が増えるともいえます。そのため、主体的に成長を志す人にとっては、スキルセットの拡張や成長を促進する環境が用意されていると考えられるでしょう。


予測不可能な未来を楽しめる

スタートアップ企業での仕事は、日々予測不可能なことが起こる環境です。計画通りにコトが進まないことが多く、事前の見通しと異なる結果に直面することは珍しくありません。予期せぬ困難や未知の将来に対して、過剰に不安に感じる方は、日常がストレスになるかもしれません。

不透明な未来がもたらすのは、想定外の事態やチャンスの連続であり、自分の手で未来を形作るチャレンジが可能です。このような状況をポジティブに捉え、不確実性を楽しむことができるか否かが、スタートアップでの成功のカギになります。

未来がどのように展開するか予測できないとき、前向きで柔軟な「何とかなる、何とかする」という考え方を持つことが、変動に富んだ環境で生き抜くための強力な武器になります。このメンタリティは、初めに言及した精神的な強さとも密接に関わっており、スタートアップでの仕事においては不可欠な資質と言えるでしょう。


成長意欲が高い

新興のスタートアップ企業は、急速なペースでビジネスを拡大します。そのため、社員は頻繁に新しいスキルを学んだり、役割を拡大したりする機会があります。スタートアップは、自身のキャリアと能力を積極的に伸ばしたいと望む向上心の強い人々に最適な職場環境を提供します。

スタートアップ企業では、詳細な業務手順が確立されていないことが多いため、従業員は独自の判断力を駆使して柔軟に仕事を進める必要があります。日々の業務において問題解決策を探求しなければならず、大きな自主性と創造性が求められます

スタートアップの成長速度は早く、従業員もその速いペースに適応し続ける必要があります。この速度がストレスではなく、むしろエネルギーとなり、仕事への情熱を維持する原動力に変えられる人は、スタートアップで成功する可能性が高いでしょう。


主体的で、自ら考えて仕事を創り出せる

スタートアップ企業では、従来の方法に頼らず、オリジナルのアイデアを実現させるための新しいプロジェクトや業務フローを自分で設計し、ゼロベースでプロジェクトを立ち上げる力が必要とされます。

ゼロベースで仕事を生み出すというのは、既存のモデルやテンプレートが存在しない中で、プロダクトのコンセプトを考案し、市場調査を行い、ビジネスプランを策定し、実行に移す一連のプロセスを指します。これには、リソースの調達、チームの構築、マーケティング戦略など、事業をゼロから成長させるための多岐にわたるスキルが求められます。

スタートアップは、これまでにない新規事業を展開することを目指す企業であるため、未開拓の領域での挑戦に興味があり、独自のソリューションを見出す力がある人は、スタートアップにおいて非常に価値のある資質を持っているといえます。

さらに、大企業のように手厚いトレーニングプログラムが整っているわけではないため、スタートアップでは自己学習と自己啓発が不可欠です。標準化された手順やガイドラインが少ない中で、自分で情報を集め、新しい知識を習得し、それを実務に適用する能力が強く求められます。

したがって、空白のキャンバスに絵を描くように事業を築き上げられる人は、スタートアップで成功する傾向があると言えるでしょう。


自分だけでスタートアップ企業を探すのは困難

スタートアップ企業は、多くの情報が非公開です。インターネット上にはあまり情報開示していないことが多いので、スタートアップ企業に転職を検討する際は転職エージェントに相談するのが良いでしょう。
個人で情報を集めるのは難しいですが、転職エージェントはスタートアップ企業の採用担当者と定期的に連絡を取り合っており、非公開情報を多く持っています


スタートアップ企業に転職を考えているならSQiL Career Agentに登録しよう

本記事では、スタートアップ企業の魅力やリスクについて解説しました。
SQiL Career Agentでは、多くのスタートアップ求人を取り扱っています。

スタートアップへ転職したいとお考えの方、スタートアップに興味がある方、まずはこちらからSQiL Career Agentにご相談ください。
SQiL Career Agentは、1,200社以上の豊富な営業支援実績から、営業スキルに関するデータや知見を持っています。企業の営業組織や採用要件の理解度も高く、高い選考通過率を実現しています。

まずは、あなたの営業スキルを無料で確認してみませんか?
営業スキルを無料で診断する


転職相談を申し込む


監修 株式会社セレブリックス/梅田 翔五
監修 株式会社セレブリックス/梅田 翔五
上智大学経済学部経営学科卒業。 大手製薬会社の営業、ダンススタジオ立ち上げ、 大手人材紹介会社のCAマネージャー、ITスタートアップの営業マネージャーを経たのち、営業の総合支援会社であるセレブリックスに入社。 現在は SQiL Career Agent の事業責任者を務めている。 Twitter:@job_and_life

営業職のキャリア・転職でお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

カテゴリ

人気記事ランキング

営業スキル診断